MENU

施設・設備

FACILITIES & EQUIPMENT

診療補助機器

患者様の診療に用いる診断用機器です

診断用X線撮影装置
(透視機能付きタイプ)

最新のX線撮影装置です。撮影は痛みを伴うことなく、骨折をはじめ、様々な体の内部の状態が確認できます。

骨密度測定装置
Choraleコラール

骨粗鬆症の検査が可能です。市内では初導入の新機種です、短時間で腰椎・大腿骨の同時測定が可能です。低被ばく・短い検査時間で、患者さんにやさしい検査を提供します。1回の検査時間は概ね3分-4分程度です。

超音波画像診断装置
SONIMAGE HS1 SNiBLE

超音波装置は被ばくなし検査が出来るので安心ですし、パッとあててその場で診断ができます。運動器エコーに必要な要素を追求した、高画質な超音波装置です。

物理療法のご案内

物理療法について

熱・水・光・電気などの「物理的なエネルギー」を用いる治療法を、物理療法と呼びます。物理療法の目的は、痛みを和らげたり、炎症を押さえたり、組織の回復を促したり、リラクゼーション、むくみや循環の改善にあります。

低周波治療器:
カイネタイザー(8ch高電圧)

最新の低周波治療機器です。疼痛を緩和する低周波及び干渉低周波治療、疼痛緩和や炎症の早期回復を支援する微弱電流治療、深部の細胞をピンポイントで刺激する高電圧治療、筋肉の他動収縮に適したバースト等、症状に応じた治療が行えます。

低周波治療器:
ポラリスカイネ

新しい感覚の筋肉及び神経刺激装置です。表層から深層の筋肉を次々と刺激し、心地良いマッサージ感で血流を改善、疼痛を緩和します。

ウォーターベッド:
アクアタイザー

6つのノズルを組み合わせて作り出す水圧の刺激で、肩から腰、下肢にかけての筋肉・腱・靭帯の凝りをやさしくほぐし、全身のマッサージを行います。足部のマッサージも同時に行えます。

能動型自動間欠牽引器

腰椎又は頚椎を牽引することにより、椎間孔を拡開し、椎間関節を離開し、神経根を除圧します。また、椎間関節周囲の軟部組織を伸張し、筋のスパズムの緩和と、椎間板及び椎間関節の軽度の変形・変位を矯正します。

超音波治療器 UST‐770

深部の患部も直接温める立体加温で1秒間に数百万回のミクロマッサージ効果があります。筋・腱・靭帯など、損傷を受けた軟部組織を効果的に治療します。

リハビリ機器のご案内

リハビリテーション時に必要に応じて、機器も取り入れて理学療法を行い、機能回復を目指します。
当院ではリハビリテーションに特化した機器を設備しています。

ニューステップT4r

全身運動ができる有酸素マシンです。椅子に座って手と足を同時に動かしますので、安全に運動ができます。介護予防訓練から体力維持まで幅広く使用できます。

ランニングマシーン:
ヘルスジョガー・リハ8000T

トレッドミルで、有酸素マシンです。走ったり、ゆっくり歩いたりできます。傾斜も上り坂、下り坂と両方あります。また後ろに歩く訓練も可能です。

アップライト・ライフサイクルバイク

自転車こぎのできる有酸素マシンです。負荷レベルは26段階あり、筋力の弱いお年寄りのリハビリから、体力増強を目的としたトレーニングにも適しております。

ツイストチェア

胸椎部を中心とした回線運動を行うことで、脊柱の湾曲が改善し、四肢の筋緊張開放が期待できます。

体組成計:InBody370

体の4大成分である水分、タンパク質、骨量、脂肪量の測定により部位別の筋肉バランスを高精度に測定します。筋肉・脂肪分析や、肥満分析を行うことができます。

院内のご案内